ひなたぼっこしましょ。トップページエコ&節約お弁当グッズ


節約しながらおいしいお弁当を作りたい、hinataのお弁当作りのポリシー

【更新中のブログ】

お弁当、自炊カテゴリ
私のお弁当作りのポリシー現在ご覧いただいているページです

野菜をたっぷり使ったお弁当を心がけています
私が今のようなお弁当作りに目覚めてからは、自分の中で「お弁当作りに対するポリシー」のようなものが出来上がりました。
そのポリシーを、私はずっと実践し続けています。
ここでは、そんな私のポリシー(大したものでもないですが^^;)をご紹介させていただきます。
・私のお弁当作りのポリシー:その1
「市販の冷凍食品は使わない。でも、気合いを入れすぎない」

上の写真をご覧くだされば一目瞭然ですが、私が毎日作っているお弁当には、大したおかずは何も入っていません。
晩ごはんのおかずを少し残しておいたものをアレンジしたり、もしくはそのまま温めなおして詰めたりと、手抜きしながら作っています。

市販の冷凍食品を使うことは、めったにありません。冷凍野菜などは使いますが、市販の冷凍食品はめったに買いません。せっかく節約の意味で作っているお弁当なのに、高くついてしまうからです。
自分でひじきの煮物、切り干し大根の煮物などを多めに作って一食分ずつラップに包んで冷凍し、自家製の冷凍食品にして使うことはよくあります。
私がなぜお弁当作りを続けていられるかというと、「気合いを入れすぎていないから」だと思います。
冷凍庫や電子レンジの力を借りながら、極力手作りしたおかずをお弁当に入れる。私が続けているのは、たったこれだけです。
いちばん大切なのは、続けること。「継続は力なり」です。
お弁当作りの最大の目的は「食費節約」ですが、それ以前に「簡単に、楽しく」お弁当を作れないと、長続きできません。
せっかく毎日お弁当を作るのなら、「楽しく」「楽に」作るべき。私はそう思うのです。
・私のお弁当作りのポリシー:その2 「5色」

お弁当レシピのページでも書いていますが、私はお弁当をおいしく見せる方法として大事なのは「彩り」だと考えています。
の5色が入っていれば、お弁当は絶対おいしそうに見えます。
そこで私は5色がお弁当箱に入ることを目標にして、毎日お弁当作りをしています。

とはいえ、毎日必ず5色入っているか?というと、実はそうでもないです・・・(笑)。
「黒」の食材は、ひじきや海苔、ごまなどに限られてくるので、毎日取り入れるのは結構難しかったりします。
でもできる範囲で、彩りよくおかずを入れられたらいいと思います。
・私のお弁当作りのポリシー:その3 「野菜をたっぷり」

外食だと、どうしても野菜が不足しがちになります。その点、手作りのお弁当なら自分の好きな野菜をたくさん入れることができます。
私はお弁当には、必ず数種類の野菜を入れています。一番手軽なのは、洗ってそのまま入れるだけのプチトマト。彩りもきれいだし、トマトの自然な甘みは味覚も満足させてくれます。

あとは人参やピーマン、ほうれん草などの比較的色がはっきりした野菜を多めに取り入れています。とはいえ、特別凝った調理をしているわけではありません。さっと炒めたり、ゆでたりして味付けするだけ。
ほうれん草はまとめてゆで、食べやすく切ったものをラップに小分けにして包み冷凍保存するので、お弁当に入れるときにレンジでチンするだけです。
買出しに行くチャンスを逃がして野菜が少なくなってしまったときのために、冷凍庫には常にミックスベジタブル、里芋などの冷凍野菜を常備しています。もちろんこれらも、安売りの時に買っておきます。


お弁当、自炊カテゴリご覧いただいているページです
 
このページの上へ
ひなたぼっこしましょ。トップページ節約しながらおいしいお弁当を作りたい、hinataのお弁当作りのポリシー