ひなたぼっこしましょ。トップページ婦人科へ行く前の準備1


婦人科へ行ってみよう! 〜婦人科へ行く前の準備1〜 

【更新中のブログ】

女性のからだケア
婦人科へ行く前の準備1現在ご覧いただいているページです

クチコミに頼ってみるほかに、婦人科へ行く前に実際私がしたことを書いてみようと思います。

その1.タウンページを見てみる。
その2.実際、婦人科に電話をしてみる。
その3.婦人科のホームページがあるときは、じっくり読んでみる。


★その1について
私の住む地域だけなのかもしれませんが、婦人科の休診日は普通の内科などと違い、平日だったりします。
また「○曜日の午後は休診」という場合もあるので、まずはタウンページで診察時間を調べてみることをおすすめします。大きく広告を出している婦人科が多いので、調べやすいと思います。

★その2について
私の場合は、駐車場がわからなかったので聞くために電話をしたのですが、その他にも「いくらぐらいお金を持っていけばいいのか」「今の時間帯混んでいるか」などを知りたい時は、まず電話して聞いてみるのがベストです。

ここで声を大にして言いたいのが、
「電話の応対が感じの悪いところは、行くのをやめた方がいいかも」という事です。
受付の方の応対が悪い病院は、病院へ足を運んでも嫌な思いをしてしまうことが多いです。
(いくら受付の方の応対がよくても、先生がちょっと・・という場合も、ありますけど^^;)

★その3について
最近はHPを開設されている病院が多いので、「行ってみようかな」と思う婦人科にHPがあれば、じっくり読むといいと思います。
先生の挨拶のコーナーなどで雰囲気をつかむことができるし、病院の中の写真を掲載していることが多いので、どういう建物なのかを見てみるのも安心につながります。

また、妊娠や出産以外で婦人科に行くときに必ずチェックしたい項目、
「力を入れているのは、産婦人科か?それとも婦人科か?」
も調べることができます。

妊娠以外の相談や診察をしてもらいたいときは、婦人科に力を入れているところを選ぶのもひとつの選択肢だそうです。
私が今行っている婦人科も、婦人科専門のところです。初めて行った時、患者さんの年齢層の広さに内心驚きました。
私と同年代の女性はもちろん、高校生の女の子が制服のまま来ていたり、ご年配の方がいたり・・・
「婦人科に行くのって勇気が要る」という気持ちが、少し軽くなりました。

ちなみに私は「女医さんじゃなきゃ嫌」とは、別に思いません。プロのお医者さんなら、男性でも女性でも全然かまいません。
どうしても男性の先生だと抵抗があるという方は、やはりHPなどで検索してみてはいかがでしょうか。
婦人科へ行く前の準備2 へ進む
クチコミは大事。だけど・・・ へ戻る
【PR】濡れくちびるで勝負!キス専用美容液





女性のからだケアカテゴリご覧いただいているページです
 
このページの上へ戻ります
ひなたぼっこしましょ。トップページ婦人科へ行く前の準備1